冬の時期のヨーロッパ留学はうつにならないように注意

冬うつって日本でもあるようですが、緯度が高い国ほどこの冬のうつには注意が必要です。まぁ、注意と言ってもなってしまうものはなってしまうのですが。確かに、緯度が日本より高いと3時には日が暮れて朝の9時にならないと明るくならない等の土地があります。そのような場所に留学したならば、日光が少ない土地という環境に慣れる必要があります。いきなり冬に留学し始めるというパターンは少ないのですが、冬に向けて徐々に慣れて行くのが良いかと思います。新学期が9月だったので、もう風邪がはやっていました。同じ北半球でもそれくらい季節は違うのです。あと、意外に寮に住んでいると毛布がペラペラだったりするので、私も風邪を引いた時は寮母さんに行ってブランケットをもらいました。これもペラペラだったのですが、室内が暖かいのでそれでなんとかなりました。最悪自腹で毛布を買いに行った方が良いかもしれませんね。冬の対策としては、できるだけ日光を浴びることだと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク